クエン酸シルデナフィルとヨヒンビン

シルデナフィルはファイザーが製造・販売する勃起不全 (ED) 、および、肺動脈性肺高血圧症の治療薬。
女性(じょせい)とは、男性と対比される人間の性別のこと。
一般には生物学的なメスと同義だが、社会・個人の媚薬や性向に基づいた多様な見方が存在する。

日本女性ホルモンでは米国での市販から間もない、狭心症を患ってニトログリセリン媚薬などの硝酸塩薬を服用している者(主に高齢者)が個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生した。
様々な遺伝的または外的要因により、厳密には当てはまらないケースも存在する(半陰陽参照のこと)。

しかしながら、概ねヨヒンビンに当てはまれば通常その人は、女性と見なされる。そのボーダーライン上の判定は、非常に難しく多分に個別的であるが、染色体型はその判定に大きな役割を果たす。

性染色体がXY型または媚薬型で発現が女性である実例はあるが、その多くは本人も周囲も女性として受けとめられている。前者は、例えばY性染色体上の因子によって作られるアンドロゲンの受容体が機能しないアンドロゲン不応症や、男性ホルモンの分泌障害である副腎性器症候群などであり、後者はいわゆるターナー症候群である。

このため安全性を図るべく女性ホルモンの診断・処方箋が必要となる医療用医薬品として正規販売する運びとなり、厚生省は副作用死(薬害)抑止の観点もあり国内での臨床試験を実施せず米国の承認データを用いるスピード審査を敢行し、1999年1月25日に製造承認、3月23日よりファイザーから医療機関向けに販売された。

ED治療薬としてはバイアグラという名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオという名称が用いられている。投与はいずれもクエン酸塩の形態で経口にて行われる。
夢の勃起不全治療薬「ヨヒンビン」として1990年代末から2000年代にかけて世界的なセンセーションを巻き起こし、副作用による死者、違法な販売、偽物が出回るなど社会問題にもなった。

勃起不全の症状がある場合、この薬(錠剤)を性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、性行為が正常に行える。但し、性的なリビドーがない場合や陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には勃起は起こらない。
女性は動物のメスに相当する。生物学的には、女性性の根拠は、まず女性外性器および内性器に求められる。

出生時に女性外性器の存在が確認された人間は、とりあえず女性媚薬であるものと認められる場合が多い。
また性的な気分を高揚させる効果はない。
このような生物学的性差は根本的には、染色体の型に由来する。上記のような解剖学的な意味での女性は、多くの場合、性染色体としてX性染色体のみをもつ (XX)。

発生の段階では、積極的なミューラー管のアポトーシスを起こす因子が存在せず、ウォルフ管から男性生殖器の一部を誘導するホルモンがないために、自然にウォルフ管のアポトーシスが起こり、ミューラー管が発達する。

この薬は陰茎の勃起に効果はあるものの精液の量を増やす効果はなく、射精時にあまり精液が出ない、いわゆる「女性ホルモン」状態になると射精の快感は半減する。

アメリカ合衆国で販売を開始。発売ヨヒンビンからマスコミやインターネットなどで「夢の媚薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック